プリマヴェーラのHPは こちらからご覧いただけます>> アトリエ プリマヴェーラ
過去の作品紹介記事はこちらです>>

2014年08月08日

☆コロコロいも虫君☆

今日の午前中は、3才のK君が、

『コロコロいも虫君』を、

作りに来てくれました(^^)/


















いも虫君のお顔を選んで、

フェルトの色を決めたら、袋を手にはめて、

コロコロ開始!!











最初は上手く丸くならずぺちゃんこ!











ガチャガチャのケースに入れてフリフリ♪

小っちゃいお子様は、これを使います!





上手にボールが出来ましたよ♪











お顔とボールを繋ぎ合わせて出来上がり(*^^*)











K君、楽しかったね~


早速リュックに付けてくれました(^^)/










K君、又、お店に遊びに来てね(^^)/



同じカテゴリー(教室)の記事画像
中国茶会
フリースペースで中国古典の勉強会
エコクラフト教室
ビーズ教室
エコクラフト教室
弥生の中国茶会
同じカテゴリー(教室)の記事
 中国茶会 (2017-05-01 13:48)
 フリースペースで中国古典の勉強会 (2017-04-27 10:08)
 エコクラフト教室 (2017-04-24 15:14)
 ビーズ教室 (2017-04-19 12:13)
 エコクラフト教室 (2017-04-06 16:20)
 弥生の中国茶会 (2017-04-05 21:24)

この記事へのコメント
すっげ、上手。
私もガチャガチャの入れもんで作るぅ♪

私がコロコロやったら、ごつごつのヘコキ虫になっちゃいそうだもんな。

めっちゃ可愛い。
楽しそう。
これは一人で行かねばならん。・・と見た。
Posted by 無有のかぁちゃん無有のかぁちゃん at 2014年08月08日 22:03
かぁちゃん(^^)v

ガチャガチャの入れ物はね、5才以下!!
18才は手で転がして下さいよo(^o^)o

ところで、ヘコキ虫とやらは、どんなん?

泣き虫に弱虫・・・なんで、虫なんだろうね?
Posted by らむ美らむ美 at 2014年08月08日 23:40
虫のお話・・・。別にそれほど聞きたくもないかもしれないけど。

中国の道教では、人の体内には三匹の虫が住んでいると考えられていました。
上下、中戸、下戸という三匹で、(人間の頭と腹と足の中にいたそうです)いつも人の行動を監視しているとされました。

庚申の夜には、人の体を抜け出して、
その人が犯した犯罪を天帝に報告することという言い伝えもありました。
それほど、人間にとってはとても重要な虫だったのです。

日本でも「庚申待ち」と称して夜眠らない風習が行われていたそうですね。(天に虫を行かせないために)
この三匹には同類がいて、合わせて「三戸九虫」と呼ばれていたそうです。

その結果、江戸時代の日本では、人間の体には九匹の虫がいて、
これが感情や意識を呼び起こすと信じられていました。
そして、この虫が危険を察知して知らせる状況を「虫が知らす」といったそうです。

虫の知らせの虫は体外じゃなく、体内の虫を指しているわけです。

あいつは虫が好かないヤツだ
虫がいいヤツだ
虫酸が走る
腹の虫がおさまらない
虫の居所が悪い

これらも上述の虫の概念からの発想であるそうです。

弱虫や泣き虫も同様です。


わかりにくかった?笑
Posted by 無有のかぁちゃん無有のかぁちゃん at 2014年08月09日 21:57
かぁちゃん(^^)

へぇ~勉強になったよ!
虫は、人にとって切っても切れない者なんだね。

そうそう、弱虫、泣き虫の他にも虫の付く言葉あったよなと、
思ってたけど、思い付かなかった!
こんなに、有ったんだね。

かぁちゃん、肝心の『へこき虫』は…?
私の子供時代に『へこき虫』と呼ばれて居た人は、よくオナラを、
する人の事でした。

ちなみに、私は、1年の中で虫が動き出すと言われている日に
産まれました(>_<)
Posted by らむ美らむ美 at 2014年08月09日 22:34
ヘコキ虫は、らむ美ちゃんの見解と私も同じ♪
ウチの相方だ。
黙ってそう言うことをしたら叩いてやるよ。

らむ美ちゃんは啓蟄生まれなの?
私、頭悪いくせに、どうしょもないことはよう知ってるんだよな・・・。

私の腹の虫が騒ぎ出しました。
今から腹の虫に餌やってきますわ・・・。笑
Posted by 無有のかぁちゃん無有のかぁちゃん at 2014年08月09日 22:38
かぁちゃん、啓蟄の日知ってるの!?
すごい!!


やっぱり、私、いも虫先生だね(^ー^)
Posted by らむ美らむ美 at 2014年08月09日 22:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。